シャッターアイランド

Shutter Island
e0066677_8262763.jpg精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。 
-シネマトゥデイより

レオって上手な子役がオトナになっただけって思ってた時期もあったけど、
この映画を見て『スゴイ役者なんだ』って心から思いました。
Hats off to Leonardo!!

さて、映画は『謎解き』みたいに宣伝されてるけど、
私には『サイコスリラー』という言葉がしっくりきます。
それどころか『ホラー』! 
『羊たちの沈黙』のような、背筋がゾッとする怖さを体験しました。 

誰を信じればいいのか
自分は信じられるのか
過去の体験が今の自分を形成しているのか
自分という存在は本当に自分が思っているとおりの存在なのか
答えの出せない疑問が、映画を見終わった後に次々と沸いてきて、
この映画の売り文句の“驚愕のエンディング”を見たあと、ますます後をひきます。
エンディングのレオの表情の名演技も、この映画を引き締めていますね。
この手のストーリーって、“エンディングがイヤ”っていうことも多々あるけど、
すごく切なくて、余韻に浸ってしまいます。

脇役も贅沢な配役です。マーク・ラファロ、ベン・キングスリー、マックス・ヴォン・シドウ、すごくイイです。そして『羊たち。。。』のバッファロービル役のテッド・レヴィンが看守長役で出ていました。バッファロービルは気持ち悪さが面白くて、兄とよくビルごっこをして遊びました。変ですね。。。

出演:レオナルド・ディカプリオ(テディ)、マーク・ラファロ(チャック)
監督:マーティン・スコセッシ
[PR]

by misha_kun | 2010-05-20 08:59 | viva cinema!