<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

美味しいもの

四国から大阪の伯母の家に沢山届いたという無農薬の清美オレンジ、我が家にも福が回ってきました。左のビンは、知り合いが参加している“神戸友の会”という主婦団体作のママレード。いかなごのくぎ煮やジャムなどを作って地元のスーパーで販売しているそうです。先月送ってもらったくぎ煮は子供たちが争うようにして完食しました。
e0066677_15241223.jpg

おまけに生八橋と、以前yoshiさんに教えてもらった神宗の塩昆布。私は甘めの味付けの鰹昆布が一番のお気に入り。これは私が娘と争うようにして食べ(ご飯が進むので要注意)、あっという間になくなります。

e0066677_15252319.jpg

        まだ桜がやってこない我が家の春一番乗りはクロッカスでした。
e0066677_15255094.jpg

[PR]

by misha_kun | 2006-04-27 15:46 | tasty delights

日々

先週後半から週末にかけて東京出張。土曜日は久々の立ち仕事だったので脚が棒のように。以前はお風呂でもみもみすれば朝には復活だったんだけど、今回はいまだに筋肉痛が。。。歳のせい??(泣)。

ライ麦入りブール(イースト)を焼きました。最近は真っ白いパンよりも少し雑穀が入っている方が好き。
e0066677_17484945.jpg

鶏肉のノルマンディー風煮込み(りんごのブランデー、カルバドスで煮込むので)に添えて
e0066677_18175367.jpg

テレビ台の下段が空いたままです。息子がいたずらするので空けたままでしたが、もうすぐ2歳。そろそろ何か飾りたいな。

こんなのはいかがでしょう?
[PR]

by misha_kun | 2006-04-24 17:52 | day to day

プロデューサーズ

『プロデューサーズ』を見に行きました。
e0066677_110128.jpg[ストーリー]
ブロードウェイの落ちぶれた演劇プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオがやって来た。レオの“どんなに高額の製作費でも赤字なら帳消しにできる”という言葉にひらめいたマックスは、できる限りスポンサーを募って金を集めた上で、史上最低の脚本・演出・役者を揃えてわざと芝居を打ち切らせれば、実製作費以外は全部フトコロに入れられると考えた。いやがるレオをパートナーに脚本探しを始め、遂に『ヒトラーの春』と題されたナチ礼賛のとんでもないシナリオが見つける。ところが・・・

とにかくバカバカしくて、ブラックで、楽しい!!久々に大笑い!
そしてユマ・サーマンの美しさにはうっとりしてしまいました♪

e0066677_10375573.jpgメル・ブルックスの映画を初めて見たのは6歳のときの「サイレント・ムービー」(6歳児が見る映画ではない。。。9歳の兄に連れられて(笑))。豪華キャストだった以外はさすがにあまり覚えていないなぁ。
メル・ブルックスの作品の中で一番好きなのは『珍説世界史パート1』。下ネタだらけでかなりエッチですが、本当にバカバカしくて面白くて笑えます。

昨日のランチは。。。
[PR]

by misha_kun | 2006-04-20 11:04 | about me

リネンのタオル

リネンのタオルは多くの人が使っているので、いまさら説明するまでもないと思います。私もリネン愛用者のひとりです。初めて使ったのは7年程前。両親がロンドンに転勤になって間もなく、リネンのティータオルが母から送られてきました。“こんなゴワゴワの布でお皿拭くの??”と思い母に電話して聞くと、「まぁ、一度使ってみて!」とのこと。実際に試してみると水はぐんぐん吸うし、すぐに乾いて匂わないし、本当に優れものです。たちまちファンになりました。なんといっても丈夫で、毎日包丁などもガシガシ拭いていますが、破けることもないので、くたくたになっていい感じです。↓は食器用のリネン。左の3枚はアイリッシュ・リネン。右の2枚がリトアニアのリネン。アイルランド産は柔らかく、リトアニア産は張りがあります。どちらも使い勝手は◎♪
e0066677_1555030.jpg

e0066677_15103621.jpgこれはfogのバスタオル。いくら食器用は使っていたとはいえ、『マッサージタオル』という名のこのタオル、まるでたわしのような感触なので、試しに1枚買って夫に使わせました(笑)。すると。。。夫はとても気に入り手放さない!というので、しばらくたってからもう1枚購入。抜群の吸水性なのにいつもさらさら。そして感触がとても気持ちいい~♪並べてみると全然色が違います。天然のものなので、ロットが違うとこんなに色も違うのですね。でもお陰で、見分けがつきやすいので助かっています。

このタオルとは別に、自分用に食器用の大判のようなスムースのバスタオルも持っています。このタオルを見た母は「どないな大きなお皿拭くねん~」とびっくりしてました。

綿のふんわり感もいいけど、一度麻の感触を味わったらもう手放せません♪
[PR]

by misha_kun | 2006-04-17 15:11 | my favorites

レトロなもの

レトロその1
先日近くのぼろい映画館でWalk the Lineという映画を見ました。実は前に夫と一緒に見に行ったのですが、地図を片手にようやく行き着いたその映画館は閉まっていた。。。朝一番の回はその日は上映がなかったのです(泣)。ついに最終日、どうしても見たくて夫に子守をお願いし、一人で見てきました。

その映画館はさびれた商店街の中にあります。入場券売り場の横に看板が立ち、『車を駐車される方は木戸までお尋ねください』と。“木戸って誰?”と思いながら窓口に行くとそこが“木戸”。入場料金は“木戸料金”。
“木戸”でおじいさんから入場券を買うと、そのおじいさん、いきなり立ち上がっていなくなりました。
正面のドアを開けて入ると、もぎりは木戸にいたおじいさん。私の場券を半分にちぎると次は案内係に早変わりし、劇場のドアを開けてくれました。席を選んでいると:
       「そこは寒いからこっちのストーブの近くがいいよ。」とおじいさん。

       「映画は前の方で見るのが好きなんだけどなぁ」と答えると、

       「うちはスクリーンが大きいから大丈夫さ」!」と何だか誇らしげ。
e0066677_14463520.jpg

なのでストーブの真横の席に座りました(実際に上映中はかなり寒く、ストーブがなかったら映画に集中できなかったと思います)。
客席は250ほどですが、この最終日の朝の回のお客さんは2 人のおばあさんを含む女性5人。この映画館、採算取れてる訳ないよなぁなどと心配しながら、シネマ気分を味わってきました。


レトロその2
先日のドライブの帰り道、峠を下りきったところで、赤信号で停まりました。何気に横を見ると「ドーナツ万十 2キロ→」という看板。私が「ドーナツまんじゅう。。。?」とつぶやくと夫がびっくりして「え~、どうして知ってるの?」と。
夫が学生の時、山奥にそんなドーナツ屋があることを聞きつけてバイクで友人とこのドーナツ万十を買いに来たことがあるとか。でももう20年も前のこと。当の夫もそんなことはすっかり忘れていたようです。で、急遽右折して行ってみるとありました。。。
お店は夫が以前来た時のまま。ジュースやお菓子が少しだけ並んでいる他に売っているのはドーナツ万十のみ。カウンターに紙が貼ってあり、“ドーナツ万十(白、黒) 10個入り1000円”と書いてあります。
e0066677_14352942.jpg

夫:「バラはないんですか?」
おじいさん:「あるっちゃぁあるけど、10個入りはちゃんと包装してあるだよ。」
夫:「そ、そうですか。。。じゃぁ、10個入りを。これって白と黒が半々ずつ入ってるの?」
おじいさん:「5個ずつとは限んねぇけど、大体半分ずつだ。」

e0066677_1435427.jpgおじさん自慢の包装はこちら。中身は昔懐かしい餡ドーナツ。白餡と黒餡の2種類がほぼ5個ずつ入っていました。山の奥の奥にある小さな集落のドーナツ万十屋さん、まるでキツネかタヌキに化かされているようでした。

e0066677_14355933.jpg

[PR]

by misha_kun | 2006-04-13 14:50 | day to day

少しだけ南へ

久々の、病人がいない週末でした(^^)。にもかかわらず夫は土曜日出勤。
でも!日曜日はドライブに出かけました。今回のテーマは“南へ”。高速を走りながら、「さて、どこで降りようか」と相談していると、以前食べに行った“ソースカツ丼”を思い出しました。ソースカツ丼とは、伊那&駒ヶ根地方のご当地食。以前食べに行ったらとても美味しかったので、また同じお店に行くことにしました。

最近お肉はあまり食べなくなりましたが、これは美味しい~♪これからは美味しいお肉を少しだけ食べたいものです(ものすごいボリューム。どこが少しじゃ。。。)。
e0066677_11483852.jpg

カリっと揚がったヒレとんかつを甘めのソースにくぐらせ、キャベツの千切りと一緒にご飯の上に載せてあります(撮影を忘れて箸を入れてしまい、戻したためキャベツの千切りが。。。)。記憶していた以上の美味しさでした。

e0066677_11494580.jpg食後は散歩を兼ねて養命酒工場へ。平日に来ると工場見学ができますが、週末はビデオ上映のみ。子供連れなのでパスし、敷地内の森を散策しました。子供たちは松ぼっくりを拾ったり、どんぐりをせせらぎに投げ込んだりと楽しそう。

e0066677_11502140.jpge0066677_11503644.jpgティータイムには“ヒーリングテラス”へ。生薬を使ったスイーツを頂きます。
←これは紅花と生姜の白玉ぜんざい&はとむぎ茶。
→夫のはケイヒのわらび餅、ウショウの黒蜜添え&クロモジ茶。
子供にはハーブ入りカカオサブレ、発芽玄米の五平餅、伊那谷産りんごジュース。

e0066677_1151517.jpg養命酒は400年も前に、ひとりの翁がこうやって牛にまたがって山に生薬を取りに入ったところから始まったんですね。今でも作っているのはほぼ養命酒だけ。すごいこだわりです。

伊那谷は中央アルプスと南アルプスを分ける谷で、左右に壮大な景色が広がります。夫にとっては学生時代をすごした場所。きっと楽しい思い出がいっぱいなのでしょうね。
e0066677_11582459.jpg

                 中央アルプス 木曾駒ケ岳
[PR]

by misha_kun | 2006-04-10 12:00 | day to day

食べ物も春

先月のお料理教室のメニュー:
香味揚げ豚とウドのサラダ、はまぐりの潮汁(奥)
e0066677_15575061.jpg

豚肉は五香粉で下味をつけたもの。このドレッシング、ただマヨネーズ大2、しょうゆ大2、おろしにんにく1片を混ぜ合わせるだけですが、絶品!生の春菊に和えたり、冷奴にもいいそうです。
e0066677_1537930.jpg

ちらし寿司:短く切った菜の花をご飯に混ぜ込み、2センチ角に切った卵焼きとサーモンのお刺身を載せ、いくらを散らしています。平凡になりがちなちらし寿司もこうすると俄然見栄えがよくなります。
e0066677_15374029.jpg

いちごのババロア:フルーティーな甘みにレモンの酸味が効いて、見た目よりもさっぱり。ブランデーとお砂糖をまぶしたイチゴのトッピングも大人味を演出していました(黒いのはスプーン)。

今回もいつものように、美味しい食事とともに楽しい会話が弾みました。メンバーもとってもユニーク。今回は初参加の男性が一人いました。剥いたうどの皮を只者ではない(?)手つきで千切りにしたと思ったらフライパンでさっときんぴらに調理。もちろんこれも食卓に並びました。食後のコーヒータイム、この男性が家から持参した手作りケーキを切り分けてくれました。別の女性が「カフェか何かやっているのですか?」と聞くと答えは「いいえ、まだ。。。」
詳しいことは分かりませんが、想像が膨らみます。
毎度ながらとても楽しいひとときでした。

e0066677_15554719.jpgこちらは昨年近所にオープンした卵専門店のプリン。娘はプリンも生クリームも嫌いなのに、ただいちごが食べたいがためにこれをセレクト(母の説得聞かず、どうしてもこれが欲しいと)。案の定、イチゴを食べ、クリームとプリンを一口ずつ食べたら「もういらなぁい」。いちごなら家で切ってあげるのに。。。

e0066677_15524642.jpg
そしてこっちは東京出張の際ケーニヒクローネで購入したデザート。上から:イチゴ →桜もち →あんこ →桜の葉 →生クリーム →抹茶のゼリー →抹茶のムース →さくらんぼのソース。
お菓子の開発者も趣向を凝らして大変なんだと思います。。。でもちょっと懲りすぎ?




[PR]

by misha_kun | 2006-04-07 16:03 | tasty delights

水疱瘡な2週間

息子の水疱瘡がほぼ落ち着き、病院で登園許可をもらったその日、ものすごい吐き下しが始まり、それから6日間治りませんでした。さすがに息子はげっそりと痩せてしまい、一回り小さくなりました。昨日から9日ぶりに保育園に行きましたが、休み中に年度が替わったので先生もがらりと入れ替わり、ちょっとショックを受けているかもしれません(^^;)。私は毎日仕事をしながら機嫌の悪い子供たちの世話と汚れた服の洗濯に追われてんてこ舞い。。。

そして今週は、娘が水疱瘡で寝込んでいます。娘の水疱瘡はとってもスローペースで、先週木曜日に発疹が見つかってから保育園を休んでいますが、本格的に発疹が出始めたのがおととい、息子と比べるとだいぶ日にちがかかりました。そして娘もまた、吐いています(--;)。娘はお休み中に進級。ちょっと出遅れてます。まだまだ痒くて辛そう。昨晩は大泣きしてのた打ち回ってました。

いつも頼みの祖父母たちは、私の両親は海外旅行中、義父母は父が手術のため入院中(簡単な手術ですが)で、来てもらえませんでした。なので先週後半は二日間、ベビーシッターさんに来てもらいました。でもやはり私が家にいるという状況だと、子供たちもどうしても私のところに寄ってきてしまいます。1日目のシッターさんはあまり好きなタイプではなく、私もちょっと気疲れしてしまったし。。。

と、こんな2週間を過ごしていました。皆さんのブログにもお邪魔できず悲しかったですが、今週からはまた伺います♪

最近“なんちゃってマクロビオティック”を取り入れている我が家。かなりいい加減ですが、なんだか今の体調には一番合っているような気がしているので、できる範囲内で実践しています。
e0066677_9422195.jpg

これは穀物コーヒーのパウンドケーキ。卵、バター、砂糖が入っていないにもかかわらず、しっとりして美味しいです。穀物コーヒーは『金魚ではじまる』のnanairoさん のところで見て気になっていた飲み物。これが家族に大人気で、私と夫はもちろんのこと、子供たちも大好きで、すっかり定番化しました。そしてもうひとつ、私だけが飲んでいるのがブラックジンガー。こちらは玄米コーヒーです。こちらも香ばしくて美味しいのですが、ちょっと苦味があるので子供たちには不評(笑)。どちらもミルクをたっぷり入れて飲んでいます(本当なら豆乳なんでしょうが、そこが“なんちゃって”です)。
[PR]

by misha_kun | 2006-04-05 10:35 | day to day