カテゴリ:未分類( 11 )

ゴロピカドンッ!

今月のとある週末の夜、我が家に雷が落ちた。2発。
雷雲が真上にいるのはもちろん分かったけど、まさか直撃されるとは思わなかった。
落雷のドドンッっていう音は誰もが聞いたことがあるけど、直撃されたときの音はバチンッ!巨大なスパーク音のようだった。落雷の光で突然部屋の中が真っ白に光った。

一瞬にして壊れてしまったのはセンサー付外照明2箇所、カメラ付インターコム(玄関のピンポン)、浄化槽のブロワーポンプ(下水がないので)、ボイラー。

翌朝外を点検すると、外照明のカバーが吹っ飛び、2発目が落ちた白樺の木の上部が飛び散り、その横の薪棚の柱(写真)が縦に裂け、柱の対角線位置のふもとの地面に穴が開いていた。恐るべし電気の力!
e0066677_15101874.jpg
きっと外にいたら人間なんてひとたまりもないのだろう。改めて実感した自然の脅威。

落ち着くと費用のことが頭に浮かび、トホホな気持ちでいたら、たまたま人から落雷保険なるものが存在すると聞いた。“うちは入ってないけど、今後のために検討するべきだなぁ”と思いネットで色々調べていると、なんと火災保険でカバーできると!
ということで、すべての被害は保険対応してもらえることになった。よかった~。

落雷、人生の恐怖体験ベスト3入り間違いなし。
[PR]

by misha_kun | 2008-07-17 15:13

6月の料理教室

毎月楽しみにしている『千乃壺』料理教室。6月のメニューは:

     パエリア
     ガスパチョ
     ティラミス

とびきり美味しいのに、決して難しくないメニューを毎回丁寧に作ります。簡単でも美味しくできるポイントは丁寧にスープや出汁をとること。
家族が毎日食べるものだからこそ美味しくて体に負担をかけないものを。。。といつも教わっています。

このパエリア鍋、直径40センチ近くあります。6人前!(一人欠席だったので5人で食べちゃいましたが。。。)
後ろの写っているのがガスパチョ。生野菜をたっぷり、ミキサーで混ぜます。『飲むサラダ』とも呼ばれているそうです。キリッと冷やしていただきました。
e0066677_14321838.jpg

スペインに旅行したときに食べた食事はどれも本当に美味しかった。イタリアに負けずとも劣らずの美食の国。

デザートはイタリアンですが、おなじみのティラミス。あらためて“美味しい~♪”と実感。

e0066677_143469.jpg

こちらのお店、とても美味しいお食事のいただけるレストランだったのですが、7月から営業時間が午後1時から5時半に変更になり、喫茶のお店に生まれ変わります。お食事がなくなるのは残念ですが、スイーツが充実するということでとても楽しみです。
[PR]

by misha_kun | 2008-06-19 11:36

最近買って良かったもの

20代、メークは色々と試すのが楽しくて相当お金をつぎ込んだ
(地味顔だから失敗も多々経験済み)
最近のメイクは手抜きもいいとこ。。。若い頃は、要はヒマだったのよ

スキンケアも色ものも特にメーカーを決めてはいないけど、
ファンデだけは何年もCD社のを使ってきた

ところが、しょっちゅうケースがリニューアルされる
2回くらい中身を使い切るとケースが新しくなっていて、
買い換えないといけない仕組みになっているらしい
その都度「リフィルだけ交換できますから」と言われる

でももういい加減あほらしくなってきた
私の場合東京に行かないと買えないのも面倒だし

で、以前洗顔料を使ってみてよかったS社のアクアレーベルを試しに買ってみた
おっ!これいい感じ
自然なのにカバー力もあって1日中しっとりしている
e0066677_1827555.jpg

ホームセンターで3割引なのでケースと合わせて1700円以下
そしてこのケース、赤と青の2色から選べてかわいい

安くていいものに出逢えて、得した気分♪
[PR]

by misha_kun | 2007-02-04 18:33

皇帝

松本市で毎年サイトウキネン・フェスティバルというクラシック音楽の催しがあります。
このイベントの総監督は小澤征爾さん。とても人気が高く、チケットが手に入りにくいことで有名です。近くに住んでいながら一度も行ったことがなかったので“今年こそは!”と思いチケットを入手しました。

コンサート(もう2週間以上経ってしまいましたが)の翌日から東京出張だったので義父母に一日早く来てもらい、夫とともに会社を休んで行ってきました。

e0066677_1774857.jpgせっかくの二人揃ってのお休みということで朝から張り切ってしまいました。
ランチはここで(yoshiさん、今回もバッチリでしたよ~♪)石釜で焼くピザは薫り高く、ピザが焼きあがってからスライスされる生ハムも、とろーり溶けたチーズも、かりっと焼けた生地も本当に美味しかった~!

e0066677_1781248.jpg次に立ち寄ったのはアンティークショップ。家の近所にオープンしたカフェで教えてもらいました。
我が家、“オープンなキッチン”という私の夢を実現したら、食卓につくと散らかった台所が丸見えになることに気づいて。。。ずっと気になっていたので目隠しを探していました。いかがでしょう?

松本では街はぶらぶらと街を歩き、気になっていたギャラリーや、いつも立ち寄る大好きな漆器店などをのぞいて。

日が暮れかけた頃会場へ。プログラムは:

   ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
   ピアノ:内田光子

   ショスタコーヴィッチ/交響曲第5番 ニ短調 作品47

   演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ
   指揮:小澤征爾
e0066677_179543.jpg

憧れのお二人の演奏を生で聴くことができ本当に感激しました。
小さな体を激しく動かし、とっても若々しい小澤さん。まさに“魔法の腕”です。

やはり生演奏は迫力が違います。
「いつまでも終わらないで。。。」と願う夜でした。

+++++++++++++++++++++++++++++

数日更新をお休みします。報告はいずれ。
[PR]

by misha_kun | 2006-09-28 17:19

夏休み第1弾

先週は夏休み第1弾として3日お休みを取っていました。DEMO!急な仕事で2回東京に日帰り出張しました。世の中はお盆だというのに、こういうところがアメリカの会社です(^^;)

1日はつぶれてしまったけど2日はお休みを確保できました。今年もこの時期は家でゆっくりと過ごす予定で。どこへ行っても暑いし混雑してるしね。避暑地に住む幸せを最も堪能できる季節ですから!
そのうちの1日は、大学時代の友人が婚約者を連れてうちに来ました(私、親でも上司でもないんだけど、なぜかご挨拶にと。。。)『軽井沢に行くからついでに』とのことだけど、軽井沢からは2時間かかります(笑)。

彼は大学の4年間ずっと同じクラスだったのに、まともにしゃべったのは4年の秋。それ以来ずっと仲良しで卒業旅行も一緒に行きました(男女4人でね)。

それにしても突然の『結婚することになった』の電話にはびっくり!だって去年の秋、大失恋の話聞いたばかりだったから。
結婚のご相手は3月に知り合い、11月には結婚式だそうです。まぁ、この歳になってビビっと来たらスピード婚でも問題ないですね。

ということで、終電で出張から帰宅した翌日だったので私の大好きなcafe ZOでランチをいただき、その後我が家で夕方までおしゃべりしていました。素敵な彼女でよかったね♪11月のお式も楽しみにしてま~す。

                   ストーブの柵の上。お尻はみ出てるよ~
e0066677_1144591.jpg


    キッチンマットの上。なぜかここが好きなこの子たち。流しのすぐ下で邪魔なんだけど。。。
e0066677_1153568.jpg


さっきベッドを直しに行くと。。。
夫の枕はこの子
e0066677_11950100.jpg
  私の枕にはこの子
e0066677_1110329.jpg
[PR]

by misha_kun | 2006-08-23 11:13

門出

門出を迎えたのはどこの若者でもなく、私の両親。

e0066677_16312741.jpg65歳になる父は、一つの会社に40年間(すごい!)勤めた後に定年を迎え、都心の家を売り、我が家と同じ沿線にある西東京の街に引っ越して自由な時間を満喫していた。
ところが、とある会社から就任要請があり、しばらく悩んだ末に引き受けることを決断した。
場所はなんと佐賀県!

初めてその話しを聞いた時私が思ったことは、“え~、そんな不便な場所に行かれたらこっちも不便!”
佐賀県なんて私にとっては、ハナワの歌でしか知らないまったくの“外国”。
おまけに誰に聞いても「何もない所だよ」と。

でも考えてみたら、父にとって「是非来てもらいたい」と言われることは、40年も続けてきた仕事に対する評価であり、何とも誇らしいことではないのだろうか。
2度の外国駐在経験を含めて世界中を飛び回ってきた父にとって、新しい土地での新しいチャレンジ。素晴らしいチャンスではないか。

初めて話しを聞いた時に私が感じたとまどいは、子供たちの面倒をよく見てくれるジジババが近くからいなくなってしまうのでは。。。という身勝手な考えだったのかな。
でも、これまでは車で1時間半の距離だった二人が遠くに行ってしまうのは寂しいなぁというのも多少の本音。
週末子供たちを連れて遊びにいくと、こんな変な顔のオムライス作って待っててくれたりするしね。
e0066677_16184254.jpg

母はとても前向きな性格で、これまで転勤で何度引っ越しても、行く先々で多くの友人ができ、今でも親しくつきあっている。美味しいものを作るのも食べるのも大好きで、どこへいっても自慢の“鼻”で美味しいものを探し当ててくる。

佐賀といっても同じ日本、福岡からは特急で30分。遠くないよね。
おまけに私の大好物のイカの名産地!
我が家に負けないくらい自然が豊かで良いところなんだろうね。

そして今週二人は九州へと旅立っていった。
私たちは夏休みの計画を変更して、もう少し涼しくなった頃に遊びに行こう。イカも楽しみ♪

祝、人生の門出。   親父さん、頑張れ!
[PR]

by misha_kun | 2006-07-28 16:34

オスカー予想

今年のアカデミー賞授賞式は昨日終わったのに予想とは?実は私の子供の頃の楽しい思い出です。

映画好きな兄の影響で、子供の頃は土日になると映画を見に行っていました。アメリカは入場料が安かったこともあり(当時子供料金は1ドル50セント。今はもう少しするのかな?)、週末というと父が私と兄を映画に連れて行ってくれました。

毎年アカデミーの時期は私と兄の稼ぎ時。遊びで受賞者を予想し、当たり1件につき父が1ドルお小遣いをくれるのです。候補一覧を前に、私も兄も真剣になって予想します。中には脚色賞や撮影賞なんていうのもあって、もちろんさっぱり分かりません。なのでそういうのは当てずっぽう、当たればラッキーです。主要な賞も私はよく分からなかったので、たいていは兄と同じところに○をつけていました。授賞式当日は生放送を見ながら兄とテレビの前で一喜一憂の大騒ぎ。

1980年、この年は『普通の人々』があらゆる賞を総なめにし、主演女優賞もメアリー・タイラー・ムーアが確実視されていました。。でも私は下馬評とも兄の予想とも異なる『歌え!ロレッタ、愛のために』のシシー・スペイセクに○をつけました。
小学生にとって1ドルは大金(笑)、かなり悩みましたが、この時は絶対シシー・スペイセクに獲って欲しいと思ったのです。そして結果は。。。私の勝利!!
e0066677_15414684.jpg

「歌え!ロレッタ。。。」は貧しい炭鉱夫の娘、ロレッタ・リンがカントリー・ミュージックの大スターになるまでの半生を描いた実話。劇中の歌はすべてシシー・スペイセクが歌っていて、これがまた素晴らしい!!(ロレッタの夫を演じているのはトミー・リー・ジョーンズ。若いよ~)。

最近は予想できるほど映画を見に行ってなくて残念ですが、毎年この季節になるとドキドキしながらテレビに見入った楽しい夜を思い出します。
[PR]

by misha_kun | 2006-03-07 15:40

たまごたっぷり

先日軽井沢に行く途中に、たまご農家直営のお店に寄りました。色々な種類の卵はもちろん、卵や鶏肉を使った様々な製品が売られています。これらは通販でも購入できるのですが、店頭でしか食べられないのがスイーツ類。種類がたくさんあって迷いましたが:
e0066677_1313249.jpg

写真では分かりづらいけど、2種類の違う卵を使用したアイスのダブル
e0066677_132755.jpg

卵たっぷりのカスタードクリームが入ったパイシュー
e0066677_1322766.jpg

お持ち帰りにはこれを買いました。たまごがけご飯専用醤油“おたまはん”。島根県の会社が作った商品で、大ヒットしているとか。関東風と関西風の2種類がありましたが、少し甘めの関西風を選びました。合鴨有機農法こしひかりと名古屋コーチンの卵も一緒に購入し、その日の夕食はもちろんたまごがけご飯。とっても幸せになれる贅沢な食事でした。
[PR]

by misha_kun | 2006-01-19 01:33

冬だけど。。。

先日注文したお取り寄せが届きました。
飯島商店の三宝柑ゼリー。みすず飴やジャムは有名で(子供の頃よく頂きました。有名。。。よね?)近所のスーパーの名産品コーナーなんかでも売っていますが、このゼリーは店頭と通販でしか買えません。同じ県内ですが山を挟んでいるので気軽には行けないので取り寄せました。

昨年雑誌で見て食べてみたくて、偶然その直後にこのお店のある街から遊びに来てくれた友人に話したら(脅しに近かったかも…)送ってくれました。
e0066677_16204224.jpg

紀州の果物らしいのですが、寒天っぽいゼリーはとにかくフルーティーで、爽やかな香りといい、甘味と酸味のバランスといい、絶品です。包丁で切ると香りが立ち、思わず皮までかじりたくなります。

あまりの美味しさに、昨年は友達に送りまくりました。そして今年もそんな季節。12月に入って注文し、先週届きました。今年は従姉二人にも送りました。雪を見ながら冬に食べるゼリー、最高♪
[PR]

by misha_kun | 2005-12-28 16:21

兄と娘の不思議な関係

私の兄と私の娘、とても仲良しです。なぜかこの二人、“ウマが合う”というか“波長が合う”というか、気が合うのです。娘が1才を過ぎ、誰にでも人見知りをしていた頃、年に数回しか会わない兄だけは全然平気で、当たり前のように兄の手をつないで歩いたりしていました。兄は子供はなく、特別に子供が好きだとか、一般的に子供に好かれやすいという訳でもありません。
この二人、何となく性格が似ています。笑いのツボやこだわりのポイント、感性が一致しているようです。

こういうのも遺伝子の仕業なのかなぁ。不思議です。

子供は何かと頂きものが多いですが、兄が選んだプレゼントはどれもしっかりと娘のツボに入ります。
e0066677_13145291.jpg先日の七五三、兄も食事会に参加しました。その時のプレゼントはキャッツとナイトメア・ビフォア・クリスマスのDVD。
娘はもう夢中、オズの魔法使いは一時休止中です。写真のDVDはどれも兄からの贈り物。他にもあって「1才や2才の子供にあげるかぁ?」というものもありますが、「子供だからって子供用の映像だけが好きとは限らない。いいものは何才でもいいんだ」というのが兄の持論。筋金入りの映画オタクである兄のセレクション、どれも娘のお気に入りです。

e0066677_12413640.jpge0066677_12415145.jpg飛び出す「不思議の国のアリス」も兄からのプレゼント。
あまりに豪快な飛び出しっぷりに娘も大騒ぎでしたが、何せ3才児、すぐに壊してしまいそうなので、今はしまってあります。

この子は兄のロンドン土産。ぬいぐるみはたくさん持ってるけど、この子は娘の心の友です。
e0066677_12421446.jpg

まったくの偶然にその子供を友人からもらい、家族全員でびっくりすると同時に大感激でした。
e0066677_22573279.jpg

[PR]

by misha_kun | 2005-11-08 12:53