<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

門出

門出を迎えたのはどこの若者でもなく、私の両親。

e0066677_16312741.jpg65歳になる父は、一つの会社に40年間(すごい!)勤めた後に定年を迎え、都心の家を売り、我が家と同じ沿線にある西東京の街に引っ越して自由な時間を満喫していた。
ところが、とある会社から就任要請があり、しばらく悩んだ末に引き受けることを決断した。
場所はなんと佐賀県!

初めてその話しを聞いた時私が思ったことは、“え~、そんな不便な場所に行かれたらこっちも不便!”
佐賀県なんて私にとっては、ハナワの歌でしか知らないまったくの“外国”。
おまけに誰に聞いても「何もない所だよ」と。

でも考えてみたら、父にとって「是非来てもらいたい」と言われることは、40年も続けてきた仕事に対する評価であり、何とも誇らしいことではないのだろうか。
2度の外国駐在経験を含めて世界中を飛び回ってきた父にとって、新しい土地での新しいチャレンジ。素晴らしいチャンスではないか。

初めて話しを聞いた時に私が感じたとまどいは、子供たちの面倒をよく見てくれるジジババが近くからいなくなってしまうのでは。。。という身勝手な考えだったのかな。
でも、これまでは車で1時間半の距離だった二人が遠くに行ってしまうのは寂しいなぁというのも多少の本音。
週末子供たちを連れて遊びにいくと、こんな変な顔のオムライス作って待っててくれたりするしね。
e0066677_16184254.jpg

母はとても前向きな性格で、これまで転勤で何度引っ越しても、行く先々で多くの友人ができ、今でも親しくつきあっている。美味しいものを作るのも食べるのも大好きで、どこへいっても自慢の“鼻”で美味しいものを探し当ててくる。

佐賀といっても同じ日本、福岡からは特急で30分。遠くないよね。
おまけに私の大好物のイカの名産地!
我が家に負けないくらい自然が豊かで良いところなんだろうね。

そして今週二人は九州へと旅立っていった。
私たちは夏休みの計画を変更して、もう少し涼しくなった頃に遊びに行こう。イカも楽しみ♪

祝、人生の門出。   親父さん、頑張れ!
[PR]

by misha_kun | 2006-07-28 16:34

雨の日は眠い

猫さんたちは相変らず、雨だろうが晴れだろうがこのように平和に寝て過ごす毎日です。
e0066677_14574641.jpg

猫って水道の蛇口で水をペロペロと舐めるのが好きですよね。この子たちも最近ペロペロと
舐めるようになりました。それにしても。。。

洗面所に行っていきなりこの光景はさすがにちょっと不気味(^^;)
e0066677_14591455.jpg



e0066677_1542993.jpg猫とは関係ありませんが、最近の娘の勘違い:

その1:娘は「キューピー」を「クーピー」だと勘違いしている
その2:娘は「予防接種を」「希望接種」だと勘違いしている
その3:娘は「草履」を「ぞうりん」だと勘違いしている
その4:娘は「ポケモン」を「コケモン」だと勘違いしている
その5:娘は「ラブアンドベリー」を「ババンダベリー」だと勘違いしている

。。。おかしくて、訂正できずにいる私です。
[PR]

by misha_kun | 2006-07-24 15:06 | about our cats

また降ってるよ

昨晩からまた雨が降っています。
今週は近くで大きな被害が出てしまいました。この地域は6つの市町村がひとつの生活圏を形成していますが、先日土石流が発生したのはそのうちのひとつの市で、私もよく通る場所です。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
e0066677_1261417.jpg

夫の会社はうちから見て諏訪湖の対岸にあり、毎朝高速で通勤しているため、昨日今日は土石流の上を通過しています。安全が確認されているとはいえ、やはりちょっと心配です。

雨さん、もうもういい加減やんでくれませんか?みんな困っています。。。
[PR]

by misha_kun | 2006-07-21 12:07 | day to day

雨の中、北へ

長野市に程近い飯綱高原へドライブしました。とても広いこの県、実は東京の方が近かったりします。
ここで暮らし始めた頃は、山の形状といえば富士山くらいしか見分けることができなかった私。。。でも今は山のシルエットや雰囲気を見分けられるようになりました(自慢?)

飯綱山を含むこのあたりの山をまとめて北信五岳と言います。八ヶ岳とは雰囲気が異なり、また違う美しさです。

e0066677_15343542.jpgウンチクはこのくらいにして、やっぱりお出かけといえば美味しい食事!選んだお店ははらぺこ青虫をイメージしたここ。すごいボリュームでお値段もとってもリーズナブル、お味もばっちりでした。

e0066677_1535344.jpg


夫のクラブサンド、どんなに口を開いてもさすがに1回では入りきりません。


あいにくの雨模様でしたが、デッキでの食事はとても心地よく、子供たちはお腹が満たされると雨に当たって大はしゃぎ。

食後に立ち寄ったのは野尻湖。背後には黒姫山がそびえています。野尻湖といえば。。。小学校の時に習ったナウマンゾウ。昔日本にゾウがいたなんてびっくりです。
e0066677_15362963.jpg

[PR]

by misha_kun | 2006-07-18 15:39 | tasty delights

出張

今日から東京出張に行ってきます。
夏の東京の気候を耐えられない体質になってしまったので7月、8月はとても辛いのですが仕方ない。

たまには汗をかいて、街を歩いてダイエットせねば。。。
[PR]

by misha_kun | 2006-07-11 08:26 | day to day

5年に一度の空色

先日の東京出張の際、帰りの電車の中で読む本を買った。
書店でたまたま手に取った本。著者はN○Kの元アナウンサーで、落ち着いた語り口と声がとても印象的な加賀美幸子さん。

最終の特急電車の中で読み始めたら、加賀美さんの話し方同様、とても穏やかな文章が心地よく、仕事を終えた頭をクールダウンさせながら、引き込まれるように読み進んだ。

その中で素敵な文章にめぐり合った。
それは加賀美さんが幼少時代を過ごされた群馬の風についての一節。

風の風土(『こころを動かすことば』 加賀美幸子著  幻冬舎文庫より)

 学生時代、気がつくと、ノートの端に「風」という字をいつも書いていた。覗き込んで「また、風?」と友人は声をかけた。そういえば放送局でも、よく「風という言葉が好きですね!」と言われる。
……風を意識したのは何時ごろからのことであろうか。時代の風の中を生きる私たち。追い風の時もあり、逆風もある。……風光。風景。風色。風雅。風流。風味。風聞。風刺。風化。風習。風紀。風袋。風采。風情。風格。風の言葉にはどこか風格がある。
 雨や雪は目に見えるけれど風は目には映らない。枝が揺れ、葉がそよぎ、髪がなびき、人が身を縮め、初めて風が見える様な気がする。雨や雪の精神性とは違う、どこかさらっとした自在さがある。
 時代の風、人の中の風、山川草木を渡る風……どんな隙間も吹き抜ける変幻自在さ。見えない分、大きさを感じる。風は見えないけれど、気がつかぬ間に人を作っていく。上州は風の土地。いつの間にか人々のうちに風の心を忍ばせ、風格を作る。風格は見えないけれど、人は見えない所が勝負のしどころ。
 強い空っ風に優しい春風の風土。風色(風模様)を楽しむ上州の気風。万物の春も風に乗ってやってくる。……風の風土が嬉しい。


目に見えないのに確かな存在感を持つ風。季節の到来や終わりを告げ、時には激しく、時には穏やかに吹き、心を浄化してくれる。
風は場所に束縛されないのに、各地にその土地特有の風があり、呼び名も違う。

娘の名前には“風”という字が含まれている。夫が考えたその名前は音は平凡だけど、その名を初めて見た私は“風”という字が気に入ってすぐに決めた。
風のように強くて優しい、そして風格のある女性になって欲しいという願いを込めて。
e0066677_15194191.jpg

[PR]

by misha_kun | 2006-07-05 15:14 | thoughts

近くまで行ったけど

先日の東京出張の際、オフィスを出て電車で外出。目的地の近くにはなんとも心惹かれる場所がありました。

e0066677_11194748.jpg1箇所目の近くには今春オープンしたばかりのIKEA。ちょこっと立ち寄りました。週末は相当混雑しているようですが、平日の昼間はさすがに大丈夫。
印象は・・・安い!!特に「欲しい~」というものはありませんでしたが、もう少しじっくりと見ることができたら色々と掘り出し物を見つけることができるのかもしれません。
そしてデカい!!私は決して方向音痴ではないのですが、帰りに出口が見つけられず、右往左往してしまいました。フロア案内図を見て歩いているにもかかわらず、せっせと歩いてたどり着いたのは元の場所。いい運動になりました。

e0066677_1120026.jpgそして次にいった場所はここ。。。東京ディズニーランドのすぐそば(ひどい写真)。こっちこそ平日の混雑がないときに行きたいなぁ。さすがにちょこっと立ち寄るという訳にはいかないので涙を飲んで立ち去りました。
最後に行ったのはいつだろう。昔は、夜遅くに眠ってしまった子供と大量のお土産を抱えて、ミッキーの耳をつけてぐったりと歩いているお父さんやお母さんを人ごとのように見ていました。

。。。ムリはせず、もう数年待つことにしましょう。

仕事の合間にちょっとだけ自分にご褒美も。エルメのティールームに立ち寄り、一人でこーんな豪華なおやつを頂いてしまいました。ケーキにパフェにマカロン。美味しかったです。でも最後は口の中が甘々になってしまいました。ちょっと欲張りすぎた?
e0066677_11221222.jpg

[PR]

by misha_kun | 2006-07-04 11:25 | day to day